登山 行蔵のブログ

山登りが趣味のおじさんブロガーです。自分が好きな事、気になった事を発信してます。最近YouTubeも始めました。

新しい変化が始まる!

みなさんこんにちは!

f:id:MBOY:20200521181059j:image

 

季節は春から初夏に移り変わる時期になりました。

 

改めて気がついた時にいつも感じるのですが、季節は少しずつ確実に変化しているのですが、その変化のスピードがすごく緩やかなので、普段から意識していなければ同じ日が繰り返されている様に思ってしまいます(私が鈍感なだけかもしれませんが・・・)しかし自分の人生の中で今日と同じ日は二度と来ません。

 

なぜならすべての生物は、いつかは必ず死ぬからです。

 

人間も含めて永遠に生きられる生物はいません。

 

ただ毎日同じように繰り返される日常に慣れてしまうと、自分にとっての明日は当たり前のようにやって来ると思うようになり、今回のような突然の事態があって初めて毎日繰り返されていた日常が当たり前ではなかったと気がつきます。

f:id:MBOY:20200521194638j:image

 

コロナショックによる自粛も段階的に解除され始めて、また新たなフェーズに移り変わるタイミングに見えます。

 

しかし残念ながら、世界的に起こってしまったコロナショック以前の世の中には戻る事はないでしょう。

 

ではこれからは、どの様な世界になってゆくのでしょうか?

f:id:MBOY:20200521181156j:image

私も不安なのですが未来の世界は「どうなるかはわからないが、今までとは違う常識や秩序が発生するだろう」です。

 

それが新たなテクノロジーによるものなのか、今までとは違うルールや新しい認識によりものなのか?はわかりません。

 

ただ今までと同じでは無いだろう。と感じるだけです。

 

漠然とした不安がある。

 

理由は「どうなるか分からない」からですが、なぜ「どうなるか分からない」と不安や恐怖を感じるのでしょうか?

 

たぶんこれは生物としての生存本能のようなもので、「どうなるか分からない」と言う事は最悪死んでしまうかも?と「死を恐れること」で、なんとか自らを生存させようとする本能だろうと思います(科学的な根拠などはわからないので個人的な感覚でそう感じます)

 

だから本能的に「どうなるか分からない変化」に対して不安を覚えてしまうのでしょう。

 

結局は、毎年季節が確実に変わるように様々な変化も気がつかないうちに起こっている(コロナショックのように急激に地球規模で世界が変わる変化は稀だと思いますが・・・)のですが緩やかな変化は、意識しないと気がつかないことが多いと思います。

 

長々と書いてしまいましたが、要するに「この先どの様な世界に変化するかわからない」と思う不安を感じる事により生き残るための生存本能が発動して、コロナショック後の変化に対しても対応していくだろう。と言う事です。

 

ただ「もうダメだ!」と諦めてしまうと生き残る気力を失ってしまうかもしれないので、気をつけないといけません。

 

私も日々「漠然とした不安」と「大丈夫だろう」と思う気持ちが入り混じった日々を過ごしていますが

 

一つ自分に言い聞かせている事は「明日は今日の自分とは違う自分になる」と言う気持ちで過ごしています。

 

f:id:MBOY:20200521181330j:image